転職活動のスカイプ面接やオンライン(テレビ電話)面接の注意点とは?

こんにちは、イッシーです。
最近オンラインでの面接が増えてきましたが、YouTube動画の視聴者さんから「今度スカイプで転職活動の面接があるのですが、何か気を付けることはありますか?」とご質問を頂きましたので、今回は、スカイプなどを用いたオンライン面接で気を付けるべきことについてお話ししたいと思います。

面接で話すことは普段通りでOK

基本的に面接手法がオンラインの映像に置き換わっただけなので、面接で話すことには特段注意すべきことはありません。

重要なのはオンラインに置き換わったという事になります。対面での面接ですとあまり気にする必要は無いのですが「転職希望者さんの映像がしっかり面接官に届くのか?」ということを意識して頂きたいと思います。
例えばパソコンにスカイプを繋げて面接する場合には、WEBカメラの映像が綺麗なのか?あるいはマイクはしっかり音声を拾うのか?などですね。

いくら面接で話した内容が良かったとしても、映像と音声がしっかり面接官に届かないと意味は無いですよね。ですのでオンラインで転職の面接を受ける際には、パソコンの環境を必ず事前にチェックしておいて欲しいなと思います。

またスマホにスカイプなどを繋げて、面接を受ける際には、なるべく手に持って面接を受けるのではなく、ミニ三脚などに固定してオンライン面接を受けると良いと思います。手でスマホを持つとどうしても手振れが発生してしまい、面接官に好印象を与えるのは難しくなるかもしれません。

静かな環境でオンライン面接に臨む

これはさすがに分かると思いますが、オンライン面接を受ける際には、なるべく静かな環境で臨んで頂きたいです。カフェなど雑音があるところですとどうしても、必要のない音声や映像が送られてしまい、面接官も面接に集中できないです。面接に100%集中して頂きたいので、オンライン面接を受ける際には、ご在宅がベストなんじゃないかと思います。

以上、転職活動におけるオンライン面接で注意すべきことについてお話ししてみました。

転職・キャリア関連のYouTubeチャンネルも運営しています

毎週日曜日にLIVE配信もしていますので、直接ご質問に回答しています。チャンネル登録もお願いします!

まずは見て欲しい記事

読むのが嫌になる位「転職活動のノウハウ」を詰め込みました!

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

転職系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、転職コンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は200万回以上、チャンネル登録者さんは11,000名を超えました!