転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

体調(うつ病等)を崩して退職してしまった方の転職活動の面接で重要な事

こんにちはイッシーです。

前の職場の労働環境が過酷で、例えば残業時間が多くてあるいは休日も働かなければいけない環境だった場合、体調を崩してしまって退職してしまい、今現在は体調が回復したのでこれからの転職しようという人にお伝えしたいことがあります。

最近、体調を崩されて退職された方からの転職の相談は多いです。

YouTubeのコメント欄でも良くご相談頂きます。

ブラック企業の問題が増えているので、そういうふうに体調を崩してしまったり、精神的に病んでしまったりする機会が増えているのかなと思います。

面接で「なぜ体調を崩したのか?」は必ず聞かれる

体調を崩して退職してしまった人転職活動の面接では、面接官は必ず

「なぜ体調を崩されたんですか」

「なぜ休職したのですか?」

と聞かれます(まぁ当たり前ですが)

面接官は「入社後に病気が再発しないか?」ということをとても気にしますし、僕も転職エージェントとして転職の相談に乗る時も、一番その点が気になります。

そこで皆さんが面接官に伝えるべきポイントは、なぜの会社を辞めてしまったのか、あるいは休職してしまったのかということを、「客観的な事実」を交えて説明して頂きたいです。

例えば「残業が多かった」「パワハラがあった」「労働環境が悪かった」という一言で終わらせては、面接官に「なぜ体調を崩したのか」が伝わらないと思います。

残業が多くて体調を崩したのであれば、人によって残業が多い少ないという感覚はバラバラだと思いますので「毎月100時間以上残業をしていた」「月に休みが一日しか無かった」という様に、その時の事実を具体的に説明して頂きたいです。

そして本当に環境が悪かったのだと説明しなければいけません。

その経験があるので、労働基準法の範囲内の労働時間内であれば問題無いということが伝われば、面接官も安心してくれるはずです。

現在は自分がどれ位働いたら体調崩してしまうのかという事を把握しているので、もう事前に自分なりに対策は取れることを伝えて頂き、面接官にしっかり働けるっていうことをアピールしていただければと思います。

コメントを残す

error: Content is protected !!