転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

20代で未経験職種に転職を成功させる為のポイントと注意点は?

こんにちは、今回は20代の若者が未経験のお仕事への転職を成功させるためのポイントと、注意点について解説します。

この記事でわかること

20代の若者の転職成功率アップの秘訣が分かります!

20代は未経験でも転職しやすい!

20代は未経験の職種・業種でも転職しやすく、新しい仕事にチャレンジするチャンスがあります。

30代になるとスキルや経験が重視され、即戦力を求められるため、未経験求人枠は格段に少なくなります

20代であれば、まだ企業に育ててもらえることができるということです。

しかし、将来育ちそうという「見込みのある人材」しか採用されないため、そこを志望動機や面接での受け答えで注意して答えなければいけません。

新たな職種・業界にチャレンジしてみたいという思いがあるのであればすぐに転職活動をしましょう。

未経験転職は、若ければ若いほど成功率は高くなります

20代を企業が採用する理由

次に20代を企業が採用するニーズを紹介します。

①ポテンシャルを重視しているため

企業が20代の職種未経験者に求めていることは、今できるスキル以上にこれから発揮されるであろう「潜在的能力」も含めて採用を判断しています。

それがポテンシャル採用です。

経験やスキルは考慮しないとはいえ、組織に適応できる人材なのか?

社会人としてのマナーやコミュニケーション能力は大丈夫か?


主に人柄や一般常識の有無などが見られています。

特に第二新卒枠で採用される人に関しては、即戦力ではなくて、10年後会社の中心となって動いてくれる人材へと成長できるかという中長期的な視点を持って採用しています。

②即戦力以上の「吸収力」を求めているため

30代は「即戦力人材」となりますが、一方でいくつか懸念材料も考えられます。

その一つとして「前職の文化や考え方が色濃く残っている点」です。

全社員が同じ目的意識を持った上で同じ方向に向くことで、より高品質なパフォーマンスを生むことができます。

しかし違う企業でのやり方、考え方を持ったままその手段に固執してしまうと「即戦力」を求めてたはずが、かえってパフォーマンスを落としかねません。

それに比べて20代未経験は社会人になってまだわずか、前職の会社にも染まり切っていないため固定概念や無駄なプライドがついていない真っ白な状態とも言えます。

そんな20代に企業が期待するのは、物事に対する吸収力や、早期に自社で成長してくれるだろうと考えて採用します。

③効率良く人材を確保できるため

人材不足が続く日本では、新卒採用に苦戦し予定より採用できなかったというケースもあります。

新卒採用は就活解禁から採用まで1年と長期にわたりますが、中途採用は早ければ募集から採用まで1ヵ月で人材を確保することができます。

若い人材をすぐ確保できるというのも、中途採用のメリットのひとつです。

20代未経験が転職先を選ぶポイント

①労働環境がブラックではないか見極める

転職を考えている人の中には

「残業が毎日あるのが当然なのが辛い」

「休日も出社する日が多い」

など労働環境が悪いことが原因で転職したい人も多いのではないでしょうか。

せっかく転職しても、また同じことになったら意味がないですよね。

そうならないためにも、事前にしっかりと見極める必要があります。


また、働きやすさにおいては、離職率を確かめておくこともポイントです。


離職率はすべての会社で公開していませんが、四季報を見てみると多くの企業が掲載されています。


働きやすい会社なのかという判断材料の一つとして知っておくと良いでしょう。

②企業の規模・経営方針を確認する

転職先を決める際、見落としがちになるのが企業の規模です。

企業の規模によって、仕事のやり方や考え方は大きく異なるため、企業の規模を把握せずに転職してしまうとミスマッチが起きる可能性があります。

例えば、大手企業であれば「守備型の人材」が求められます。

社内のルールやコンプライアンスをきちんと守ることができ、社内の調和を乱すことなく素直に仕事に取り組める人です。

一方、中小企業やベンチャー企業は「攻撃型の人材」が求められます。

リスクを恐れずに、常にチャレンジ精神を持ちながら自発的に行動できる人です。

転職することはできたが、評価されないとなる前に、企業規模を調べた上で転職先を決めましょう。

20代の転職でよくある失敗

①SNSの投稿

人材採用は企業の将来を大きく左右しかねません。

そのため、今は応募者のSNSをチェックし、本当に自社に適した人材なのか見極めている企業も多くあります。

「facebook」は基本的に本名で顔を出すSNSのため見つけやすく、また対人関係まで把握できるSNSです。

facebookと連動させている場合や、本名でやっている場合「Twitter」「Instagram」なども発見されることもあります。

特にTwitterは、安易な気持ちでのつぶやきが多いため、前職の愚痴などの書き込みなどがある場合は、入社後に同じことを繰り返すのではないかと企業側が警戒する可能性もあります。

SNSの投稿内容は、誰に見られているかわからないという意識をもつことが大切です。

②転職先が決まる前に退職してしまう

「転職はどうにかなる!とにかく早くこの会社辞めてしまおう」

次の会社が決まってもいないうちに勢いで退職してしまうのもありがちの失敗パターンです。

ブランク期間が長ければ長くなるほど

「無職期間がこれ以上長くなるのはまずいから、早く転職決めなければ」


「内定さえ貰えれば、条件が合わなくてもいい」

このように無職という焦りが大きくなり、誤った転職先を選びかねません。

転職先が決まってから退職するというのは鉄則です。

何とかなるだろう、どこかしら内定貰えるだろうという安易な考えは捨てましょう。

③本当に必要な条件を明確にできていない

転職先に求める「本当に必要な条件」が自分自身で明確になっていないと、転職したとしても同じ不満が出て転職を繰り返すだけになってしまいます。

まずは、自分の中で譲れない条件の優先順位をつけて、整理してみましょう。

転職先の条件の優先順位の例

①雇用形態
②労働時間
③収入
④会社の経営方針
⑤仕事内容
⑥働き方
⑦福利厚生

譲れない条件と妥協できる条件で分けて考えてみたときに

「収入は少し下がってもいいが、家族との時間を確保できるよう残業が多すぎるところは避けたい」

など、具体的な要望が見えてきます。

ついつい条件を上げていくと、あれもこれもと欲深くなりがちですが、条件全てを満たす会社など存在しません。

絶対譲れない条件だけを満たすと考えれば、満足度の高い転職をすることができます。

20代の転職を成功させるためには?

①企業選びが重要

自分自身の価値観や適性とかけ離れていない企業を選びましょう。

企業の価値観を知ることができる部分

・企業理念
・経営者のメッセージ
・先輩社員のメッセージ
・会社説明会

このような部分から企業の価値観を知りましょう。

他にも、転職エージェントは、他の企業と比較しながら「企業の実際の部分」をよく知っているため、転職エージェントに企業のことを聞くこともおすすめです。

②自己分析とスキル・実績の棚卸

転職活動で基盤となるのが、自己分析とスキル・実績の棚卸です。

これを細かくしっかり行うことで、説得力のある履歴書、面接の対応が可能となります。

自己分析のポイントは、全て自分に問いかけていくことです。

「なぜ今、転職したいのか?」

「なぜ未経験の仕事を志望したのか?」

ひとつひとつ細かく分解していくことで、自分が見えなかった部分を知ることが大切です。

スキル・実績の棚卸に関しては、現職での成功体験を具体的なエピソードにしてみましょう。

転職エージェントを活用している場合は、第三者目線での分析もお願いすることでより深みのある自分のアピールポイントを見つけることができます。

③ライフイベントを考慮した上でキャリアプランを考える

20代での転職であれば、今後、結婚、育児、家を買う、子どもの教育費、親の介護など今後考えることは目白押しです。

「結婚できる収入ではないから、また転職したい」

「育児に理解がある会社に転職したい」

そのときになってから転職を考えるのでは遅いです。

30代、40代、50代、60代と年齢を重ねたときに、どのような仕事で、どのような働き方をしたいのかというのを20代からも考える必要があります。

キャリアプランが出来上がれば、転職先の選択を間違うことはないでしょう。

error: Content is protected !!