転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

スキルがない20代の転職で大事な事

スキルがない20代は転職は難しい?

20代はスキルがなくても転職は可能です。

では、なぜスキルがなくても20代は転職ができるのか解説します。

スキルよりポテンシャル重視のため

20代の転職はスキルよりポテンシャル重視と言われています。

年齢を重ねると固定概念は強くなり、柔軟に対応することができなくなります。

そのため、30代以降に転職する場合、独自のやり方や考えを押し通してしまう人も少なくありません。

しかし20代は社会人になってまだわずか、前職の会社にも染まり切っていないため固定概念や無駄なプライドがついていない真っ白な状態とも言えます。

そんな20代に企業が期待するのは、物事に対する吸収する力や、早期に自社で成長してくれるだろうと考えて採用するため、20代はスキル以上にポテンシャルを重視されています。

30代はキツイけど20代は可能性に満ち溢れている

面接のときの言葉遣いや立ち振る舞い、メールなどのやり取りなど社会人としてのマナーが身についているかを見られます。

企業側が20代を中途採用するメリットの一つとして、新卒採用で行うマナー講習などの研修を省くことができ、最低限のビジネスマナーがある若い人材を採れるという点があります。

そのため、面接時の言葉遣いや立ち振る舞いが未熟であれば、再度指導する必要があるため、採用に繋がりにくくなります。

第二新卒枠でキャリアチェンジができる

第二新卒は一般的に、大学、専門学校を卒業して3年以内に転職を希望している人のことを言います。

本人に問題がなくても、会社側に問題があったなどの理由で退職している場合は、優秀な人材が潜んでいることもあります。

企業側はこのような貴重な人材を獲得できる可能性があるため積極的に「第二新卒歓迎」と記載しているところが多いです。

第二新卒枠での採用なら未経験のお仕事への転職が基本なので、経験やスキルはそこまで問われません。

20代でスキルがない人が転職を成功させるために大切なこと

自分がやってきたことを整理する

転職する際、企業の採用担当者に自分が今までやってきたことを明確に伝えることが大切です。

まずは、自分が携わった業務、プロジェクトなど小さなことでも構わないので全て書き出しましょう。

携わってきた業務・プロジェクトの書き出し

・どのようなことを
・誰と
・どのような目的のために
・どのような結果を出せたのか

一つ一つ分解して内容を深堀してより具体的なエピソード作りをしていきます。

採用担当者の方に自分のことを説明するためには、まず自分自身のことをきちんと理解することが大切です。

そうしていくと自分の今後やりたいこと、キャリア形成なども見えてくるようにもなります。

企業研究、面接対策をしっかり行うこと

20代で転職を成功させるためには、企業研究、面接対策をきちんと行っておくことで成功率は大きく変わります。

面接対策の確認項目

・自己PR、転職理由、前職の退職理由をきちんと説明することができるか
・話している内容に一貫性はあるか
・ビジネスマナーはあるか
・話し方や言葉遣いは大丈夫か

とくに20代の転職では

20代の面接対策項目

・なぜ入社して数年で退職しようと考えたのか?
・なぜ自社に応募したのか?入社後はどのようなキャリアを積みたいと考えているのか?
・これまでに打ち込んできたこと
・問題にぶつかったときにどのように対処してきたか

社歴が浅いため、仕事以外のことも聞かれるためしっかりと対策しておきましょう。

第二新卒の転職者に対して、採用担当者が気になっているポイントは

第二新卒の転職者に対して、採用担当者が気になっているポイント

・なぜ入社して数年で退職しようと考えたのか?すぐ辞めてしまう人材なのか?
・今後長く活躍してくれるポテンシャルのある人材か?
・企業の社風・文化にあった人材か?

このような点が確認されています。

企業研究はホームページだけ見て終わりにしては、企業研究できたとは言えません。

企業研究で必ず見るポイント

・企業のホームページ
・事業内容のニュース記事
・転職サイトなどの口コミ

この3つは必ず網羅しましょう。

さらに細部まで調べるとなると「帝国データバンク」を利用するのがおすすめです。

インターネット上では出回っていない情報も記載されています。

求めている条件を整理し、優先順位をつける

なぜ転職しようとしたのか?

年収アップしたい、残業が少ない会社がいいなど色々あると思いますが、全ての望みを叶える企業に転職することは不可能です。

まずは、転職する目的を明確にし、求める優先順位をつけていきましょう。

転職において求める優先順位の例

・残業が少ない
・人間関係が良好
・年収アップ
・スキルアップ
・福利厚生

応募する企業に高望みしすぎない

転職をするにあたって年収や待遇を重要視する人が多いと思いますが、高望みしすぎると転職は上手くいきません。

挑戦することも大切ですが、幅広い視野で応募企業を選ぶ必要があります。

「挑戦する企業」

「自分のスキルに見合った企業」

「滑り止めランクの企業」

このように3段階のレベルに分けて、応募する企業を選ぶのがおすすめです。

女性は結婚・出産を視野に入れておく

20代の女性は将来的に結婚・出産を考えている女性が多いです。

大きな変化が今後起きることを踏まえて企業選びをする必要があります。

女性が転職先を考える場合

・産休育休制度が整っている
・時短勤務が可能
・女性管理職やいる、女性社員の割合が極端に少なくない

結婚・出産が起きてから、会社の制度を確認するのではなく、事前に確認しておきましょう。

転職エージェントを活用する

20代でスキルに自信が無く応募に躊躇ってしまう人は、転職エージェントを活用するのも一つの手です。

転職エージェントは「完全無料」で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介、面接対策など転職に必要なサポートをしてくれます。

20代が特に転職エージェントを活用すべき理由としては、自分では気づけなかったあなたの市場価値や、最新の情報を転職エージェントは教えてくれます。

転職活動が初めてという20代は、一人で間違った活動をするより転職エージェントを活用した方が、後悔のない転職活動を実現することができます。

転職エージェントを選ぶ際には、悪徳転職エージェントには注意しましょう。

「20代で転職が初めて」

うまく丸め込まれ、行きたくもない会社をおすすめされた場合は、しっかり断りましょう。

転職は自分の人生を大きく左右します。

「転職エージェントが進めてくるから….」

と妥協するのではなく、自分の意見を伝えた上で真摯に対応してくれる転職エージェントを選ぶようにしましょう。

20代が転職を成功させるために役立つスキル

スキルとは、自ら努力して技術を磨きその技を熟練させたものです。

20代では社会人経験も乏しいので、行動なスキルを持っている人は稀ですが、20代では何か強みを作れると良いですね。

コミュニケーションスキル

人に対してのコミュニケーションは今後の時代、AIでも対応できない能力のためより高度なコミュニケーションスキルを身につけておくべきです。

特に人と接する機会の多い営業職、サービス業などには必要不可欠なスキルとも言えます。

語学スキル

ビジネスでは、グローバル化が進んでいるため語学スキルが堪能な人材を求める企業も増えています。

語学スキルを身につけることで、外資系企業への転職のチャンスや、幅広い業務への挑戦、キャリアアップにも繋げることができます。

学歴が乏しくてもTOEICの点数が高いと、地頭が良いと判断する企業も多いので、学歴がそこまで高く無い人は、TOEICを頑張っても良いですね。

問題解決スキル

課題や問題を解決するためのスキルのことを言います。

仕事では、急なトラブルなどは必ず発生します。

このようなときに目の前の問題の本質を捉え、論理的に考え行動に動かせる技術が必要です。

あと自分自身である程度調べて問題解決できる人を目指したいですね。

20代がスキルを身につける方法

スキルの高い人から学ぶ

効率的にスキルアップするためには、求めているスキルに特化した人の真似をすることが一番です。

社内で活躍している人をよく観察してみると、コミュニケーション方法や、交渉術、対応力などに長けている人がいるはずです。

セミナー、ワークショップの参加

セミナーやワークショップに参加し知識を得る方法もあります。

気軽に参加できるだけでなく、参加しなければわからない一般に公表されていないクローズドな情報や、同業者や自分と近い境遇の人と交流でき情報交換できることもあります。

積極的に参加することで、視野を広げることができます。

読書or自学習

ビジネススキルを題材としたものや、経営者などの自伝を読むこともおすすめです。

読書は1日の隙間時間でも勉強できる点や、自分の身につけたいスキルを選択して効率よく吸収することが手軽にできます。

資格などの勉強は、自学習で成果を出している人が多いですね。

error: Content is protected !!