転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

転職のミスマッチ予備軍増殖中!転職する際のメリット・デメリットの整理法

転職活動のデメリットの整理法

こんにちは、転職コンサルトのイッシーです。

突然ですが、この記事を読んでいるあなたは

「転職すれば幸せになれる、現職の不満が解消される」

と考えていませんか?

実は転職活動中の多くの方が「転職すれば幸せになれる、現職の不満が解消される」と考えており、転職で得られるメリットばかりに目が行く傾向が高いです。

しかし、短期間で2回、3回と何度も転職を繰り返している方も実は大勢いらっしゃいます。

今回入社後のミスマッチを減らす為のアドバイスをさせて頂きます。

転職のデメリットをよく考える

結論から言うと、転職のミスマッチを減らすには、転職した際のメリットだけではなく

「入社後のデメリットもしっかり洗い出して検討して意思決定をする」

必要があります。

下記の表は、とある企業の求人に転職した場合のメリットとデメリット(リスク)を整理した表になります。

①ご自身が今回の転職活動全体に関することでも良いですし、特定の企業に入社した場合の、メリットと感じることを記入して下さい。


②書き出したメリットから、そのメリットの反対のデメリット(リスク)は無いのか?ということを記入して下さい。


③メリット、デメリットが書き出せたら、デメリットと感じることはご自身で許容できるのか?ということを、面接や内定後の面談で、確認下さい。

全てが完璧な職場は存在しません!

転職活動では何かを優先すれば、反対に何かの要素が犠牲になります。

また全ての人に完璧な職場や仕事はありません。

年収が高い仕事への転職を希望すれば、責任が重くなったりより高い成果を求められがちです。

また実力主義中心の企業に転職すれば、仕事での成果が基本的には、評価の対象となります。

そうなると転職後、早期に結果を出さななければいけないと焦ってしまい、それがプレッシャーに感じ離職される方もいらっしゃいます。

ですので、転職活動をする際には

「転職してどんなメリットを享受したいのか?」

という点と

「転職して今までにないデメリットも生じるけど、それは許容できるのか?」

をしっかり正確に捉えて、転職活動の意思決定をして頂ければと思います。

20代の第二新卒の転職に強い転職エージェント3選20代の第二新卒の転職に強い転職エージェント3選
error: Content is protected !!