転職活動のチェックシートの活用方法

こんにちは、転職コンサルタントのイッシーです。

この度転職活動をする中で、注意すること、確認すべきことのチェックシートを作成致しました。

チェックシートの内容は随時アップデートしていきます。 ※最新版はver1.1

作成段階では、61項目あります。

イッシー
人によっては必要が無いチェック項目がありますので、実際に利用する際には自分に必要な項目だけチェックして下さい
注意事項
・第三者へ有料等で配布しないでください
・勝手に改ざんしないでください
・有益だと思ったら、お友達へご紹介下さい。またSNS等でご紹介頂けるととても嬉しいです!

ダウンロードはこちらから

使用事例や、参考動画情報は随時このページに追加していきます。

個別の転職相談や転職のサポートサービスに興味があるかたはこちらから

自己分析編

まずそもそもなぜ自己分析をしなければいけないのか?

自己分析をする理由は、大きく下記の2点が挙げられます。

①沢山ある仕事の中から、自分に最適な仕事を見つけ出す材料を作る為 ⇒求人選択をスムーズに行う為

②企業に自己アピールする際の材料を探す為 ⇒ 書類、面接の通過率を上げる為

この2つの目的意識を強く持って、自己分析を進めて下さい。

そして最低限自己分析しなければいけない内容は6つあります。

この6つは最低限行って頂きたいです。

こちら↓の記事に最低限やらなければいけない自己分析内容を説明しています。

転職活動を失敗させない為に必要な自己分析項目6選

転職の軸とキャリアのストーリーの作成

転職活動を開始される際には、「転職の軸」を作った方が良いとアドバイスをされるかと思います。

転職の軸を作るメリット
・転職理由が自動的にできる
・応募すべき求人が明確になる
・志望理由が自動的にできる
・面接対策が容易になる
・転職後のミスマッチを減らすことができる
転職の軸を作らない危険性
・転職先を選ぶ基準や、方向性を見誤ってしまう可能性がある
・応募する求人を絞ることができず、どの求人に応募すべきか判断できない
・今回の転職で実現したいことが明確にならず、入社後のミスマッチが起きやすくなる

転職の軸とは何?

という方もいると思いますので、簡単に説明します。

キャリアのストーリーとは?

転職の軸を作る前に、自己分析した内容を踏まえて、キャリアのストーリを作る必要があります。

キャリアのストーリーとは、過去(前職までの話)⇒現在(転職活動に直面している話)⇒未来(転職後の自分の話)の仕事を通じて感じた事や人生観をまとめたあなたのオリジナルストーリーになります。

そしてこのキャリアのストーリーは転職の軸を作成する前に、必ず一度は考えてみて下さい。

このキャリアのストーリーがあるのと無いのとでは、選ぶ企業や仕事も変わってきますし、面接の通過率や転職のミスマッチなどにも影響が出てきます。

転職の軸とは?


私が考える転職の軸とは、過去、現在、未来のキャリアのストーリーを作成し、そのキャリアのストーリーを実現する為には、「今回の転職で何が一番必要な要素なのかを言語化したもの」が転職の軸だと考えます。
※人によって転職の軸の定義は違います

転職の軸の作り方は、こちらの記事を必ずご確認してください。

絶対読む記事
転職の軸の作り方について解説しています。

転職活動で一番重要な「転職の軸」の作り方

2018.12.05
20代の転職におすすめの転職エージェント
マイナビジョブ20’s:マイナビさんが運営する20代に特化した転職エージェント
ウズキャリ      :既卒・フリーター等の第二新卒の転職に特化した転職エージェント
リクルートエージェント :業界No1!転職者の8割が利用するド定番の転職エージェント

企業研究・求人研究編

転職の軸とキャリアのストーリーはある程度出来上がってから、初めて求人を探してください。

企業研究は何をやるのか?

まず企業研究で大事な事は、その企業にはどの様な強みや特徴があるのか調べてみましょう。
・ビジネスモデルは?
・どの事業がメイン事業なのか? ※複数の事業をしている場合のみ
・その市場でのその会社の評価は?
・競合他社との差別化は?
・どの様な企業文化なのか?
・直近3か年の業績は?財務内容は? ※上場企業の場合はIR資料を確認。未上場企業の場合は帝国データバンクを確認

・企業の口コミは?


・ブラック企業の特徴に当てはまっていないか?
・倒産しやすい企業の特徴に当てはまっていないか?

求人研究は?


多くの転職希望者さんは、企業研究はある程度できているのですが、求人研究不足の人は結構いるなぁという印象を持ってます。

企業研究も大事なのですが、求人研究も同じくらい重要なので、下記の点はしっかり確認しから、エントリー、面接に臨んでくださいね。

求人研究の確認ポイント
・企業はその求人に対して、具体的にどの様な実務経験を求めているのか?
・企業その求人に対して、具体的にどんなマインドの人を求めているのか?※仕事内容や社風から想像する
・その企業の求人に転職できた場合、どの様な経験をしてどんな知見やスキルが身につくのか?
・その企業の求人に転職し、様々な経験をした場合のキャリアパスは?
・その企業入人に転職した場合のメリット、デメリットは? 等々

求人研究例 キャッシュレスアプリの営業スタッフ職の場合
業務内容:スマホ決済サービスの加盟店を増やすため、担当エリアの小売店や飲食店への新規提案業務

・どの様な実務経験を求めているのか?
過去に接客や販売経験などの顧客折衝経験

・企業その求人に対して、具体的にどんなマインドの人を求めているのか?
個人商店や、規模の小さい店舗への新規開拓の仕事なので、飛び込み営業やテレアポ業務がありそうなので、精神的にへこたれないガッツや、人と話すことが苦にしない人

・その企業の求人に転職できた場合、どの様な経験をしてどんな知見やスキルが身につくのか?
基本的なビジネスマナー。
店舗向けの営業スキルは身に付く。
飛び込み、テレアポ等を駆使した新規営業の経験。
また法人相手に提案することができれば、無形商材の法人営業の経験もすることができそう。
部下や新人を教育する立場になっていれば、営業職のマネージメント経験もすることはできそう。

・その企業の求人に転職し、様々な経験をした場合のキャリアパスは?
新規開拓経験を要する他業種の営業職に転職は可能
マネージメント経験をしていれば、同業他社の営業職に、役職付きで転職は可能
個人商店の営業から法人営業職へ転職は可能

・その企業入人に転職した場合のメリット、デメリットは?
メリット:一定の知名度があるキャッシュレスアプリの営業職のため、営業職未経験でも営業はしやすい。

デメリット:担当エリアの小売店や飲食店への営業のため、比較的小規模な店舗への営業経験しか身に付ける事ができない可能性が高い。
またキャッシュレスアプリは現在競争が激化しているため、その競争に敗れてしまう可能性はあり、今後リストラをする可能性はゼロではない。
逆に競争に勝ち残った場合は、当面安定して働けることが予想できる。

20代の転職におすすめの転職エージェント
マイナビジョブ20’s:マイナビさんが運営する20代に特化した転職エージェント
ウズキャリ      :既卒・フリーター等の第二新卒の転職に特化した転職エージェント
リクルートエージェント :業界No1!転職者の8割が利用するド定番の転職エージェント

書類作成編

現在制作中

面接対策 面接前

自己PRの作成ついて

面接前に必ずやらなければいけない事は、ご自身の何を全面的にアピールすべきなのか?という事を決めなければいけません。

本来であれば、企業が求める人物像に合わせて、ご自身をアピールしなければいけないにも関わらず、転職相談者さんの中には、職務経歴書や、面接の自己アピール点を、主観のみで決めてアピールしまっている人も、数多くいらっしゃいます。

ですので必ず、自己分析と、企業研究、求人研究を通じて、面接官に刺さる「再現性」が高い自己アピール内容を考えて下さい。

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は160万回以上、チャンネル登録者さんは9,000名を超えました!