営業未経験者にお薦め営業職の3つの特徴とは?

こんにちは、イッシーです。

今回は営業未経験者にお薦めの営業職の特徴についてご紹介したいと思います。


私は元転職エージェントとして2017年8月からYouTubeに転職活動に関するノウハウやキャリアに関する意見動画を投稿しています。

動画の累計再生数は190万回以上、チャンネル登録者さんは11,000名を超え、日本最大級の転職系YouTuber(ユーチューバー)として活動しています。(2019年12月末時点)

まだチャンネル登録されていない方は、是非チャンネル登録もお願いします。

営業職なら「無形商材の営業職」をお薦めしていた

以前私はYouTubeの動画や、当サイトの記事では「無形商材の営業職」をお薦めしています。

キャリアアップ可能な第二新卒の転職でおすすめする仕事三選とは?

※こちらの動画は好評で、現在5万再生以上されています。

しかし「無形商材の営業職」には少し問題があります。

どの様な問題かというと、営業未経験者だと、転職できる難易度が高い点になります。

今まで何かしらの接客や販売、営業のお仕事を経験されていれば、転職できる可能性はあるのですが、営業未経験者が転職しようとすると、正直ハードルは高いです。

営業職の中では「無形商材の営業職」は一番お薦めではあるのですが、現実的に転職できなければ意味が無いと思います。

じゃ、営業未経験者であれば「どうしたら良いのか?」ということについて説明します。

営業未経験者が選択すべき営業職は?

ずばり「個人向けの営業職(リテール)」になります。

具体的に言うと、車の販売、不動産の販売やアパレル、生命保険の販売等々になります。

普段あなたが何か物を買う時、家を借りる時に相談される人々です。

これはイメージしやすいかと思います。

しかし「個人向けの営業職(リテール)」なら

「何でも良いのか?」と言うと、そうではありません。

転職してキャリアアップできる種類の「個人向けの営業職(リテール)」とキャリアアップが難しい、将来の展望が描きづらい営業職があります。

お薦めの「個人向けの営業職(リテール)」の特徴は?

お薦めの「個人向けの営業職(リテール)」には特徴があります。

この特徴に合致している「個人向けの営業職(リテール)」は転職する際にお薦めしたいお仕事になります。

①リピートされやすい商材を扱っている

「個人向けの営業職(リテール)」の中でも、定期的にリピートされやすい商材とされにくい商材があります。

例えば自動車は、定期的に購入されやすい商材です。

その他にも投資用不動産、賃貸不動産、高級アパレル、インテリア等々ざっと考えても色々出てきます。

なぜリピートされやすい商材が良いのかと言うと、固定客を獲得しやすいからです。
※同じ商材をリピートしなかったとしても、定期的にお客様と接触が持てるお仕事で大丈夫です
例 不動産会社 ⇒ リフォーム 自動車販売 ⇒ メンテナンス

リピートされやすい商材であれば、あなたとの接触回数も増えますので、固定客になりやすく、あなたのファンになってくれる可能性は高いですよね。

あなたのファンになってくれれば、売上も上がりやすいですし、仮に同業他社に転職しても、すぐに売上を作る事も可能になります。

②高単価商材を扱っている

扱う商材はできれば高単価商材だと良いと思います。

単価の安い商材であれば、お客様もあなたを頼りにする場面は少ないかと思います。

イメージして頂きたいのですが数千円の商材より、数十万円の商材を購入する時の方が、信用できる営業マンなのか、気になりませんか?

私は高単価商材程、営業マンとしての腕の見せ所を発揮しやすく、お客様を自分のファンに変えるチャンスは沢山あると考えています。

③お客様がそこそこお金を持っている

最後はお客様の属性になります。

できればお金をあまり持っていない人を対象とした営業職ではなく、そこそこお金を持っている人を対象とした営業職をお薦めしたいです。

私の経験上、お金をそこそこ持っている人と言うのは、仕事に置いて何かしらの結果を出されている方が多いです。

そういった富裕層の方は、営業マンを観る目線は非常にシビアです。

しかし一度気に行ってくれると、お友達や知り合いをドンドン紹介してくれます。

お金持ちの友達は、大体お金を持っています。

そういった好循環を一度作ると、あとは色々楽になります。

そこまで行くと様々なビジネスチャンスや、仕事の話が舞い込んでくることもあります。

私の元部下の男の子は、フリーターから高級賃貸の営業マンになり、そこで知り合った富裕層の方に気に居られて、今では様々なビジネスを展開しています。

恐らく高級賃貸を紹介する仕事をしていなければ、そういったチャンスも無かったんじゃないかと思います。

未経験者にお薦めの営業職には共通点があります

ここまで記事を読んでくれてありがとうございます。

もうお分かりかと思いますが、今まで紹介した3つのお仕事の特徴には共通点があります。

そうです。

「お客様をあなたのファンにしやすい」という点になります。

リピートされやすい商材を扱っていれば、お客様とお話しする機会は増えますよね。

そして高単価商材を扱っていれば、お客様から頼りにされる場面も出てきます。

さらに富裕層(お金に余裕のある方)の方が顧客層であれば、高単価商材を買ってくれるし、何度も商品をリピートしてくれる可能性もあります。

これらの視点で私は営業未経験者であれば「個人向けの営業職(リテール)」に転職して仕事をされるのは良いのではないかと思います。

なぜ「あなたのファンを作る事に固執するのか?」

なぜあなたのファン(顧客)を作る事をとても大事にしているかというと、仕事が変わったり、会社が変わっても、あなたのファン(顧客)がいれば、すぐに売上を作りやすいからです。

人生百円時代においては「今の仕事をずっと続けていけるのか分かりません」

しかし、あなたのファン(顧客)はあなたと一緒に歳をとっていきます。

会社や仕事が変わってもお付き合いしてくれます。

だからこそ人生百年時代においては「あなたのファン(顧客)」を作る視点がとても重要になります。

もし「個人向けの営業職(リテール)」で結果が出ていれば「無形錠剤の法人営業」には転職できる可能性は高いです。

むしろ「あなたのファン(顧客)」の中に経営者の方がいれば、その会社に転職することも容易だと思います。

ですので、まずは「個人向けの営業職(リテール)」で結果を出してから、その先の人生の選択肢を増やすことを検討しても良いのではないかと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。 1人でも多くの人に幸せになって頂きたいので、少しでも参考になりましたら、SNS等でご紹介して頂けると嬉しいです。
まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

転職系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は180万回以上、チャンネル登録者さんは11,000名を超えました!