女性の転職活動で注意する2つのこと

こんにちはイッシーです。

1985年に男女雇用機会均等法が制定され、採用における男女の差別が禁止されるようになりました。しかし実態としては、企業にもよりますが、男性と女性では転職活動においては、注意すべきことは違ってくる状況がいくつか、過去にありました。

そこで今回は女性の転職活動で、特に気を付けることについてお話ししたいと思います。

結婚して辞めるのではないかと思われている

近年日本中が人手不足ということもあり、「結婚しても働き続けてほしい」と考えている企業が増えてきています。
しかし女性は結婚を理由に退職してしまうパターンが今まで多かったので、企業にとっては採用に関して不安な理由になってしまっています。実際企業の経営者と採用に関して話した際に、「できれば女性よりも男性を採用したい」という本音を何度も聞く機会がありました。

結婚しても働き続ける意思がある方は、「結婚しても長く働きたい」ということは、面接の場では強くアピールした方が、良いと思います。

面接の場で口には出しませんけど、多くの中小企業は意識していることは実態だと思います。

子供を産むという事実

男性と女性との間で一番大きな違いは、子供を産むことができるかどうかだと思います。女性の場合、子供を産む際には、一定期間職場を離れなければいけません。その際には、退職する方もいらっしゃったり、産休を取得される方もいらっしゃいます。出産後すぐに職場復帰するかが居れば、数年子育てをされる方もいらっしゃいます。

将来子供を産むかもしれないという方は、その点を視野に入れて、志望の求人企業の子育て環境はどの様な制度があるのか、過去に実績があるのか?などはしっかり確認するべきかと思います。

僕の知り合いの女性は、「結婚後子供ができたら、今の会社に居ることはできるかもしれないけど、今の会社の状況では同じ職種での仕事はできないので辞めます」という方がいらっしゃいました。

この場合、転職活動をしなければいけなくなり、子育てをしながらでも同じ職種で仕事ができる企業を探すのか、あるいは、全く違う職種での転職活動をしなければいけなくなり、待遇を落としての転職になる可能性がありますので、注意して頂ければと思います。

まとめ

女性の転職には男性の転職には無い、難しい面があります。

但し、予め「ご自身で自分が今後どの様に働いていくのか?」「どの様な人生設計を想定しているのか?」ということは、結婚、出産が先であったとしても、方向性位は考えておいて、損ではないと思います。

むしろしっかり考えて仕事探しをすべきかと思います。当たり前の事かもしれませんが、再度念頭に置いて転職活動を進めて頂ければと思います。

最近では女性の転職に特化した転職エージェントも出てきてますので、転職のプロに相談しても良いとは思います。

転職活動初心者の方向けの参考記事

YouTubeで好評!転職活動で一番重要な「転職の軸」の作り方

転職活動はどれくらい時間がかかるの?すぐに転職できるのか?

【完全版】転職活動の内容と目安のスケジュールは?

転職相談ならまずは大手転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は160万回以上、チャンネル登録者さんは9,000名を超えました!