転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

銀行員が異業種への転職に躊躇する理由

こんにちは、イッシーです。

僕は新卒で銀行に入行しました。

当時を振り返ると、とても金払いの良い銀行だったと思います。

じつは社会人2年目の時、こっそりと転職活動をしていた時がありました。

最大手の転職エージェントのリクルートエージェントさんに転職の相談に行った時に

「転職したら、今の年収から150万円程度下がりますよ」

と言われ、速攻で転職することを諦めました笑

年収が150万円も下がると、ライフスタイルも変えなくてはいけません。

住む場所も変えたり、使えるお金も減ってしまいます。

ましてやご結婚してて、家族が居る方はなおさら、転職することに躊躇すると思います。

銀行員の人が異業種への転職をしない理由

僕の実体験の通りなのですが、金融業界に勤めている方は高年収の方が非常に多いです。

仕事が楽しく無くても、やりがいが無くても続けられる理由は、高い年収のおかげなのかなと思います。

金融業界に勤めている20代後半の方でも、800万円、900万円位稼いでいる方は結構います。

証券会社でそこそこのセールスマンの方ならボーナスも凄いです。

以前転職の相談をさせて頂いた方も、当初は異業種への転職に意欲的だったのですが、高い年収のあまり、転職した場合に400万円程度年収が下がることが分かると、あっさり転職することを諦めていました笑

それ位、高い年収が異業種への転職の足かせになるケースは本当に多いですし、転職相談では何度もそういうことがありました。

やりたい事ができなくなるリスク

年収を維持したままの転職となると、転職先が本当に絞られてしまい、今回の転職する理由を改善できない選択肢を選ばなくてはいけない可能性も高くなってしまいます。

ですので、銀行や、金融業界にお勤めの方で、金融業界以外に転職を考えているのであれば、年収ダウンを覚悟のうえで、転職するのかどうか検討して頂きたいです。

銀行員2~3年目の方なら、そこまで年収は高く無いとは思いますので、銀行員をずっと続けるつもりが無い方は、なるべく早く転職を検討した方が、転職先を選べる可能性は高くなると思います。

error: Content is protected !!