転職活動のパーソナルトレーニング始めました!

転職エージェントの正しい利用方法とは?

こんにちは、転職コンサルタントのイッシーです。

私は20代のビジネスマンこそ転職エージェントを利用して転職すべきだと考えています。

しかし、転職エージェントに相談したけど

「良いアドバイスを貰えなかった」

「自分が希望している求人を紹介してもらえなかった」

など、転職エージェントに相談したけど、良い結果にならなかったという不満を持っている方も数多くいらっしゃると思います。

私は元転職エージェントの立場から、転職エージェントを使って転職活動をした方が絶対良いと思っているのですが、転職エージェントサービスを上手く活用でいていない人が多いのは、非常にもったいないなと思ってます。

ですので今回は、正しい転職エージェントサービスの利用方法について解説致します。

絶対に転職エージェントを使って転職活動をした方が良い2つの理由

私は元転職エージェントの立場から、転職エージェントを使って転職活動をした方が絶対良いと考えています。

動画でも説明していますが、転職エージェントを利用して転職活動をした場合以下のメリットがあります。

転職エージェントを使う3つのメリット

・過去の面接でどの様な質問をされて、どの様な経歴の人が内定を獲得しているか知ることができる
・面接官がどの様な人なのか教えてもらえる
・面接後に企業側から面接のフィードバックをもらうことができる(面接の良かった点、ダメだった点を知ることができます)

この様に直接HPや求人サイトでは知ることができない情報を、転職エージェントは企業の採用担当者さんからヒアリングしています。

むしろ企業によっては、採用担当者さん側からドンドン情報を送っている場合もあるので、直接応募よりもはるかに内部の情報を教えてもらう事ができます。

この事実を多くの転職希望者の方は知らないと思います。
※実際私も転職エージェントの仕事をするまで知りませんでした。

ですので、直接HPや求人サイトでは知ることができない情報をもとに、面接対策をしますので当然面接の通過率は変わります。

そして面接後の採用担当者からのフィードバックを、これからの面接対策に活かすことができます。

もちろん他にも、求人紹介、書類作成のサポート、面接対策、条件交渉等々、転職エージェントを利用する色々メリットはあります。

しかし多くの方は転職エージェントの上手な利用の仕方を知りません。

上手な利用方法を知らなければ、どんなに良いサービスであったとしても効果は薄いです。

正しい利用方法を知らないで利用すれば、当然良い結果には繋がりませんよね。

転職エージェントに対する不満が多いの当たり前の理由

そもそも転職エージェントが何なのか、正確に理解している人は少ないです。

また転職エージェントサービスを効果的に利用する方法すら知らない方が大半です。

道具やサービスの特徴や使い方を知らなければ、どんなに良い道具やサービスでも上手く使いこなすことは難しいですよね。

転職エージェントを利用した場合の転職活動は

「良い担当者と巡り合う事ができるか?」

担当の転職エージェントが

「本気で自分の為に動いてくれるかどうか」

で、その後の転職活動の結果は大きく変わります。

この記事では転職エージェントを利用し、今回の転職を成功させるための、注意点と秘訣についてアドバイスします。

この注意点と秘訣を知っていれば、必ず転職エージェントサービスを有効的に活用できるようになります。

転職エージェントが無料で利用できる謎とは?


転職エージェントを利用する際は、求職者側は無料で利用することができます。

無料で利用できるので、ビジネスで行っているという認識を持たずに、転職エージェントを利用している方が大勢いらっしゃるのですが、大きな間違いです。

転職エージェントは、企業に人材を紹介して、大体年収の3割~4割程度を企業側から頂くことが一般的です。

ということは、求職者の経歴やスキルを見た上で

「この人に紹介できる求人はあるのか?」

という事を含め、今後サポートするかどうかを品定めしています。

なぜなら転職できる可能性が高い人を相手にビジネスをしないと、売上が立たないからです。

ですのでビジネスモデルとしては、転職エージェントの実際のお客さんは企業側で、求職者はあくまでも商材という位置づけになります。

転職エージェントサービスを有効的に利用する際には、この点はまずしっかり認識する様にしてください。

転職エージェントを味方にしなければいけない理由


転職エージェントを味方にしておかないと「求職者をいかに売上に繋げるか?」という観点を優先されて、転職できる見込みが低そうだと判断されると、適切なサービスを受けることができなくなってしまう可能性があります。

例えば

「自分が希望していないけど、転職しやすい求人ばかり紹介されてしまう」

「転職できそうに無いと判断されて、親身に相談に乗ってもらえなかった」

「求人を一切紹介してもらえない」

「面接対策すらしてくれない」

ということにつながります。

実際私も転職エージェント時代は、求職者の方とお会いする際には

「企業に紹介できる人物か?」

という目線でお会いしていました。

お会いした印象がイマイチであれば、面談はササッと済ませ他の求職者に力を入れていました。

転職エージェントは数多くの転職希望者の中から、時間をかけてサポートをする方の優先順位を付けています。

営業職を経験されている方なら、イメージしやすいと思いますが、見込客を絞って営業した経験はあると思います。
※転職サポートの人数を絞っているエージェントは除きます。

なので、転職エージェントを利用して転職活動をする場合には「転職エージェントを味方にして、同じ目的を達成するためのパートナー」だという意識を持って接してみて下さい。

そして担当の転職エージェントに、自分の転職のサポートに、より意識が向くようにさせることを意識してください。

転職エージェントとの面談や、やりとりでは以下の事は最低限気を付けて下さい。

転職エージェントとのやりとりで最低限気を付けるポイント

・待ち合わせの時間に遅れない
・身だしなみが整っている
・横柄な態度を取らない
・連絡が早い
・約束を守らない
・受け身すぎず前向きな人

初面談で評価が低ければ、適当にサポートされる可能性は有ります。

できれば最初は企業の面接官と会う位の気持ちで、初面談に臨むことをお薦めします。

良い転職エージェントの担当者と巡り合うには?

転職エージェントを利用した転職の場合、全ては担当者次第と言っても過言ではありません。

正直大手の転職エージェントだろうが、中小の転職エージェントだろうが、組織の規模よりも「誰が担当するのか」の方が、転職活動においてはとても重要です。

同じ会社の転職エージェントでも、ベテランの人もいれば新人の担当者はいらっしゃます。

まずは数多くの転職エージェントに会って頂き、自分と相性が良いとか、信用・信頼できる方と巡り会うことに力を入れてください。

よく1社、2社程度しか面談せずに「転職エージェントは良くない」と判断する方がいるのですが、人材紹介をしている企業は全国で約2万社程度あります。

セブンイレブンと同じ位あるにも関わらず、1、2社程度で全てを判断しない方が良いと思います。

転職活動は人生を変えるイベントなので、もう少し根気よく転職のパートナーを探して欲しいです。

優秀な転職エージェントの特徴は?

実は転職エージェントさんとの面談で、良い担当者を見極めることはできます。

①転職希望者さんの話を鵜呑みにしない転職エージェント

例えば

「今回の転職の希望する条件はどんなことですか?」

とあなたが聞かれた時に、自分の希望条件をあれこれ伝えると思うのですが、その話を

「なるほど、分かりました。ではその条件で求人を探しますね」

と答えて

「なぜその条件があなたにとって重要なのか?なぜその条件が優先順位が高いのか?」という重要なことを確認せず、転職活動を進める転職エージェントさんは、何も考えずに流れ作業で仕事をしているとしか思えません。

なぜかと言うと、転職希望者の方は転職活動の経験が無い人も居ますし、転職活動に慣れている訳でもありません。

ですので転職希望の方の考えが必ずしも、常に本当に正しいとは限らないわけです。

また今回の転職の軸や目的がしっかり整理されているとも限りません。

むしろ転職のプロの意見を聞きたくて、転職エージェントさんに相談に来ている人が大半だと思います。

転職希望者さんに合う求人情報を紹介する為には、必ずご自身の思考が整理されていないと実現できないと私は考えております。

転職希望者さんの考えが「しっかり整理されているのか?」とうことを確認しないまま、転職希望者さんが言う事を、そのまま鵜呑みにして、話を深掘りもしないまま転職活動を進めるのは、転職活動のミスマッチを引き起こす可能性はとても高くなると思います。

転職希望者の方の話してる内容を鵜呑みにせずに

「なぜそう思うのか?」

「なぜその条件の仕事を希望するのですか?」

「今回の転職で優先していることは何ですか?」

「今回の転職の軸は何ですか?」

という風に、話を深掘りしてくれる転職エージェントさんは優秀な可能性は高いです。

またあなたの考えが整理しきれていな中で、あれこれ話した内容を

「つまりこういうことですよね?」

シンプルに言語化してくれる転職エージェントさんもとても優秀だと思います。

②想定外の提案をする転職エージェント

ケースバイケースになってしまうのですが、今回の転職の目的を聞いて、転職希望者さんが想定していなかった、気づいていなかったご自身の可能性を提案してくれる転職エージェントさんも非常に優秀だと思います。

「確かに言われてみれば、そういう可能性もありますね」

と何か自分に気づきを与えてくれる転職エージェントさんはとても優秀だと思います。

また想定外の提案をしてくれた上で、中長期的なキャリアプランを提示してくれる、教えてくれる人もかなり優秀です。

手前味噌ですが、私も目の前の内定を獲得することだけではなく、中長期的なキャリアプランを意識してアドバイスをするようにしていました。

例えばA社とB社、どちらに転職しようか悩んでいる人がいた時に私は

「B社に入社して日本であなたしかやっていない〇〇の仕事をした方が、将来的な希少価値は上がりますよ」

とアドバイスして、実際にその方は2年後には、年収300万円UPの転職に成功されて活躍しています。

これも中長期的な視点で考えていたからこそ、実現できたキャリアアップだと考えています。

③表に出ている情報だけでは分からない企業情報を持っている人

転職活動をしている人であれば、企業のWebサイトや求人票は見ていると思いますが、優秀な転職エージェントは、表に出てこない足で稼いだ水面下の情報を持っている人です。

またその企業や業界が今後どうなっていくのか、持論を話せる人はかなり優秀な転職エージェントだと思います。

この様な方はかなり稀なので、出会えたらラッキーです。

むかつくダメな転職エージェントの4つの特徴

転職エージェントは信じすぎるな

信頼できる良い転職エージェントさんと巡り合ったとしても、信じすぎることは辞めて下さい。

あくまでも相手もビジネスで、転職のサポートをしています。

「どの企業にエントリーをするのか?」内定を複数とった場合「どの企業に入社するのか?」はご自身で必ず判断して下さい。

もちろん、転職エージェントから様々なアドバイスはあるとは思いますが、意思決定をするにはあなた自身で行ってください。

意思決定まで、転職エージェントに頼りすぎると

「転職エージェントに強引に薦められた!」

と言う結果になる場合があります。

自分の人生を転職エージェントに委ねるのは、ご自身ににとって良いとは思いませんし、あくまでも今回の転職活動の主役は本人のはずです。

転職活動は主体性を持って、真剣に取り組んで頂きたいです。

まとめ

自分の人生が大きく変わってしまう転職活動においては、自分一人で転職活動を行うのではなく、転職のプロに味方になってもらい、二人三脚で今回の転職活動に臨んだ方が、結果は大きく変わると思います。

error: Content is protected !!