転職エージェントをフル活用するには?

転職エージェントを本気にしてみないか?

こんにちは、イッシーです。

イッシー
近年転職活動を始める時、まずは転職エージェントに相談される方が増えてきました。

しかし、転職エージェントに相談したけど「良いアドバイスを貰えなかった」「自分が希望している求人を紹介してもらえなかった」など、転職エージェントに相談したけど、良い結果にならなかったという、不満を持っている方も数多くいらっしゃると思います。

転職エージェントを利用した場合の転職活動は、担当の転職エージェントが「本気で自分の為に動いてくれるかどうか」で、その後の転職活動の結果は大きく変わります。

この記事では、転職エージェントを味方にして、転職活動を円滑に行う秘訣についてお話ししたいと思います。

転職エージェントへの印象が大事

まず前提として、転職エージェントは、企業に人を紹介して、内定獲得後、入社されて初めて売上に繋がります。

ですので、転職エージェントを味方にしておかないと、「求職者をいかに売上に繋げるか?」という観点を優先して、転職エージェントに対応されてしまい、転職できる見込みが低そうだと判断されると、マイナスなことが起きてしまいます。

例えば「自分が希望していないけど、転職しやすい求人ばかり紹介されてしまう」あるいは、「転職できそうに無いと判断されて、親身に相談に乗ってもらえなかった」ということに繋がってしまうことがあります。

そして転職エージェントはあなた以外の方の転職のサポートもしています。

イッシー
実はあなただけをサポートしている訳ではありません。

数多くの転職希望者の中から、時間をかけてサポートをする方の優先順位を付けているはずです。

営業職を経験されている方なら、イメージしやすいと思いますが、見込客を絞って営業した経験はあると思います。
※転職サポートの人数を絞っているエージェントは除きます。

なので、転職エージェントを利用して転職活動をする場合には、一番大事なことは「転職エージェントを味方にして、同じ目的を達成するためのパートナー」だという意識を持ってください。

そして担当の転職エージェントに、自分の転職のサポートに、より意識が向くようにさせることを意識してください。

平等何てありえない

イッシー
自分はお客様で、「転職エージェントは誰にでも親身に平等に相談に乗ってくれる」という考えは一旦置いておいた方が良いと思います

イメージして頂くと非常に分かりやすいのですが、社内で「尊敬できる先輩」に仕事を頼まれるのと、「嫌いな先輩」に仕事を頼まれるのであれば、どちらの先輩の方が、あなたは力を入れますか?

恐らく多くの人が、尊敬できる先輩社員から頼まれた仕事の方が、力を入れて仕事をするはずです。

これと同じように、転職エージェントも人なので、感情があります。

転職エージェントに「この人の転職をサポートしたい」と心の底から思わせられるかどうかが、とても重要になります。

ここから「どんな方が、転職エージェントを味方にできていないのか?」ということについて、基本的なポイントをお伝えします。

ビジネスマンとしてどーなの?

ざっくり言うとビジネスマナーができていないという事になるのですが、個人的には「横柄な態度」が一番の理由です。

まず転職エージェントは、お客さん(求人募集の企業)の代わりに、相談に来られる方をチェックしています。

ですのでビジネスマンとして「一定の振る舞いができる人物なのか?」という点は非常に大事です。

イッシー
そもそもビジネスマナーもしっかりできない人に、あなたは好印象を抱きますか?

転職エージェントに相談に来られる方は、軽い気持ちで相談に来られる方もいらっしゃいます。

自分はお客さんなんだから、上から目線で相談する人がいたり、また遅刻をしてきても謝らない、ビジネスメールが書けない、連絡がとても遅い約束を守らない

など「そもそも社会人としてどーなのか?」という印象を与えてしまう人がいます。

その様な方は経歴が良くても企業に推薦できる人物だとは思いませんし、好印象を抱くことも難しいのではないかと思います。

転職エージェントのアドバイスを聞かない

転職希望者の中には、転職エージェントが親身にアドバイスをしたとしても、素直に聞かない方もいらっしゃいます。

もちろん転職エージェントのアドバイスが100%正しいとは限らないのですが、転職のプロと、転職の素人の意見では、転職エージェントを味方にしている際には、明らかに転職のプロのアドバイスの方が正しいことが多いです。※悪意のある転職エージェントは除く

例えば、自分の転職市場での価値と、希望条件に乖離がある場合ですが、転職を初めてする方や、転職活動の知識が少ない方は、転職市場での自分の価値というものを意識したことが無い人が多いです。

そのため、自分の理想の条件ばかり、転職エージェントに伝えてしまう人がいます。

この様に転職エージェントからアドバイスがあったとしても、頑なに考えを変えないので、いくらアドバイスしても少しも耳を傾けてくれない人(柔軟性が欠けている)だと認識されてしまい、親身にアドバイスをしていても、もう親身にアドバイスをするのは辞めようと考える場合もあると思います。

以上この2つのことは最低限、気を付けて頂きたいことになります。

ここからは好みの問題

あとは僕の好みの問題ですが、受け身の人と、否定的なこと、不満しか言わない人も微妙だと思います。

受け身の人とは、今回の転職を転職エージェントに全てを委ねている人ですね。

例えば応募先の企業を自分で調べなかったり、面接対策などで話すこともすぐに転職エージェントに頼る人は、正直不思議な気持ちになります。

そもそも今回の転職は、転職希望者の方の転職のはずなのに、自分自身が主体的に考え行動しないのが不思議でしょうがないからです。

自分の人生を転職エージェントに委ねるのは、ご自身ににとって良いとは思いませんし、あくまでも今回の転職活動の主役は本人のはずです。

その本人が受け身だと、一緒にパートナーとして転職活動を進めるのはおかしいなと思ってしまうからです。

イッシー
ご自身の人生はご自身が主体となって切り開いて頂きたいと思っています。

そして不平不満しか言わない人ですが、正直転職活動は、何か現状に不満があるから転職活動をする訳なので、不満があって当然です。

しかし、不満しかない人、前向きな自分の実現したい事、やりたい事などが一切言葉として出てこない人は話が違います。

不平不満ばかり聞いていると、正直魅力的な方には思えないからです。

この人の転職活動を全力でサポートしたい、実現したいことややりたいことを応援したいと思える人は、一定の不満はあるものの、やはり前向きな方だと思います。

転職エージェントにあなたの魅力を伝えるには、不平不満ばかり言ってても難しいと思います。

以上、後の2つは、僕個人の好みの問題ですが、納得して頂ける部分もあったのではないかと思います。

まとめ

自分の人生が大きく変わってしまう転職活動においては、自分一人で転職活動を行うのではなく、転職のプロに味方になってもらい、二人三脚で今回の転職活動に臨んだ方が、結果は大きく変わると思います。

イッシー
転職エージェントを利用して、転職活動を始める際には、この動画で話したことを意識して、面談に臨んでいただければと思います。

転職相談ならまずは大手転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は160万回以上、チャンネル登録者さんは9,000名を超えました!