第二新卒の採用に多いポテンシャル採用とは?

第二新卒はポテンシャル採用

こんにちはイッシーです。

20代の若手の方が転職する場合、良く「ポテンシャル採用」という言葉を見かけませんでしょうか?

ポテンシャル採用は、第二新卒の採用に多い採用形態です。

今回の記事ではポテンシャル採用について、転職支援をしている僕なりの考えを説明していきたいと思います。

ポテンシャル採用とは?

ポテンシャル採用とは、簡単に言うと「将来活躍してくれる可能性が高い人」を採用することをポテンシャル採用と言います。

今すぐは即戦力にはならないけど、今までの経験や身に付けている知識を基に、未経験の業界・仕事において転用出来ることがあるのかどうかが判断されます。

中途採用は基本的には、即戦力人材を採用するのが一般的ですが、ポテンシャル採用では「即戦力」というよりも、今後の成長を期待されて採用されます。

ポテンシャル採用では転職活動の選考で何が重要視されるのか?

僕が今まで転職のサポートをしてきた経験から言うと、未経験の仕事にチャレンジする場合には、一定のビジネスマナーやコミュニケーション能力は当然必要です。

もちろんご自身の適性と組織の文化と合うかなども重要ですし、今までの経験で、新しい仕事に活かせそうなことをまとめておくことも重要です。

しかし一番重要なのは「なぜ未経験の仕事にチャレンジするのか?という強い転職理由や志望動機」だと思います。

わざわざ未経験のお仕事にチャレンジするからには、何か強い動機があって欲しいです。

未経験のお仕事ですと大変なことや戸惑うことも多々あります。もちろん勉強しなければいけないことも沢山あります。

新卒時と違い、一から十までなんでも教えてくれるとは限りませんし、教育して欲しいと思っている人を採用したいとは全く思っていません。

自分自信で自発的に学び、結果を出すには強い気持ちや想い、覚悟が必要になると、企業側は考えていることが多いです。

ポテンシャル採用を成功させるには?

ポテンシャル採用を成功させるには、自己分析を通じた転職の軸をしっかり作る事がとても重要になります。

今までの経験を通じて自分はどんな適性があるのか?またどんなことができるのか?またなぜ未経験の仕事にチャレンジするのか?

そしてその後どんなことを実現したいのか?という事を話せると、高い確率でポテンシャル採用における転職活動は成功する確率は高いです。

ただ気を付けて頂きたいのは、ご自身が今回の転職で実現したいことが、本当にその求人で実現できるのか?という点は、しっかり見極めて頂ければと思います。

第二新卒に強い転職エージェントも居ますので、そういった転職支援サービスも利用することも検討しても良いと思います。

あわせて読みたい
転職の軸の作り方について解説しています。

転職活動で一番重要な「転職の軸」の作り方

2018.12.05

苦労して就活をして入社した会社だけれども、もう限界!どーしても自分に合わない!

他にチャレンジしてみたいことができた!と言う方は、第二新卒という転職のジャンルがあります。

確かに早期離職は転職では、一般的にはマイナス評価となりますが、ご自身でその会社でやりきったと思っている様であれば、今回の転職でもその経験は活かせることをしっかりアピールすれば、必ず転職はできると思います。

第二新卒とは?

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

目安としては入社して3年以内に離職して、新しい業界、新しい職種にチャレンジする場合には、第二新卒として転職する場合が多いです。

第二新卒転職で転職エージェントを使った方が良い理由とは?

自分一人で就活して、ミスマッチが起きて離職する場合には、やはりプロの視点で仕事を探すことも視野にいれて、転職活動をされた方が良いと思います。

今回の転職も自分一人で、転職活動を行うとまた同じ結果に陥りかねないので、現職を選んでしった際の反省や、自己分析をしっかり行い、第三者の視点でも色々アドバイスをもらうことをお薦めします。

その他にも目先の短期的視点だけではなく、中長期的なキャリア形成のアドバイスも貰えたりするので、そういった観点でも、一度相談しても良いと思います。

転職エージェントの具体的な使い方とは?

正直転職エージェントは、会社によって特徴が大きく違う傾向にあります。

更に言うと同じ会社でも、担当者次第で大きく結果が変わってしまうサービスです。

ほんと人次第の部分が大きいので、担当者と合わなかった場合には、他の担当者に変えてもらうか、他の転職エージェントサービスの会社を利用しても良いと思います。

担当者によっては、年収や勤務地などを聞いただけで、その条件に合った求人を選別せずに大量に送ってくる場合もありますので、気をつけて頂ければと思います。

またキャリアコンサルタントに「この人は転職の意識が低いな」と思われると、手を抜かれる場合がありますので、なるべく転職の本気度は伝えた方が、キャリアコンサルタントも本気で接してくれますので、意識して頂きたい点です。

大量に求人を保有している大手の転職エージェント

まずは沢山の求人を観てから、自分が興味のある会社を選んでいきたいという方にお勧めなのが、大手の転職エージェントと言われる転職エージェントになります。

沢山の情報を持っていますので、大手の転職エージェントのキャリアコンサルタントの方の選定眼次第で、あなたに合う求人が見つかるかどうか決まると言っても過言ではないと思います。

まずは1~3社ほど登録して、相談してみることをお薦めします。

1社の転職エージェントのみ使っていると偏ったアドバイスの時もありますので、複数社の担当者さんの意見を聞いた方が良いとは思います。

その中で自分の相性と合う担当者さんにお任せすると良いと思います。

相談して「すぐにエントリーした方が良いですよ」と言ってくる担当者は要注意なので、気を付けて下さい。

第二新卒に強い転職エージェントさんを紹介していますので、興味のある方はそちらもご確認下さい。

転職相談ならまずは大手転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は160万回以上、チャンネル登録者さんは9,000名を超えました!