ベンチャー・スタートアップに転職して活躍する為の注意点

成長したい?

こんにちはイッシーです。

先日のYouTubeのlive配信中に「ベンチャー企業やスタートアップ企業の中で良い企業の探し方は何かありますか?」と質問がありましたので、今回はその質問について、僕なりの考えをしたいと思います。

まず僕自身は、学生時代にベンチャー企業で約2年間インターン生として働いていました。
また銀行退職後、先輩や知人3人と、スタートアップを立ち上げ、VCから数億円の出資を受けて、約5年間働いていました。その経験から、お話ししたいと思います。

資本金が多いから安心?

まずベンチャーやスタットアップ企業の経営者や役員は、話を結構盛ってることが多いです。

外部から観ていると、プレスリリースや出資の話で、上手くいってる様に見えますが、蓋を開けると、意外とそうでもないことが多々あります。

メルカリの様に、数字が本当についているスタートアップ企業はまれだと思います。大半の企業は、常に資金繰りに追われ、次の資金調達に動いていることが現実的には多くあります。
スタートアップ企業は、 投資したお金を使って 常に急成長を投資家から求めらがちです。

ですので当然現預金の推移も、物凄い勢いで減っていきます。まぁこれは正常な行為なので良いとは思いますが、何も知らない転職希望者の方は、「沢山お金があって、財務は安定しているだろう」と考えている方は要注意です。

本当にサービスは成長しているのか?

良く昨年比300%とか月次で100%成長と発表しているスタートアップやベンチャー企業はありますが、そもそもの基の数字、母数が少なければ、成長率だけでそのサービスが伸びている、急成長していることを判断するのは難しいと思います。
例えば昨年の売上が1,000万円で、今年は3,000万円だったら、確かに300%成長ですが、会社という規模感でみたら、売上3,000万円って正直大したことないと思います。むしろ少なすぎるんじゃないかと思うくらいです。

ですので、成長率だけでその会社のサービスが伸びている、売上が増えているという判断は、かなり危険な行為です。
できれば「会社の売上の規模感はどれ位なのか?」位は、転職する際には確認すべきかと思います。

先行投資を優先して 利益はわざと赤字にしている場合はありますので、あまり深く考えなくても良いと思います。

経営陣が優秀そうだから?

ベンチャーやスタートアップの経営者は、有名な企業出身者や何らかのスペシャリストで固められていることが多いです。元外資コンサル、元有名IT企業など、バックグラウンドは様々ですが、一度は聞いたことがある企業の出身者は多いです。

だからと言って、皆さん成功するかと言うと、そうでもありません。肩書だけで判断するのではなく、実際のところどうなんだ?という点を見極めることが非常に重要だと思います。
特にシード、アーリステージと言われている様なスタートアップへ転職する際には、注意して頂ければと思います。

環境には期待しすぎるな

良く転職の相談で「ベンチャーやスタートアップだと成長できるから、転職したい」という方とお会いすることがあります。
これは非常に危険な考えだなと思ってて、 ベンチャーやスタートアップだからといって、無条件で成長できるとは限りません。

そもそもあなたの「成長の定義」はなんですか?そこがしっかり 定義された上で、本当にその ベンチャーやスタートアップだと実現できるのか?ということを考えて頂きたいです。

あなたの成長の定義によっては実現できないこともあるかもしれません。またベンチャーやスタートアップのステージ(シード、アーリー、ミドル、レイターと言われる)によっても成長できるかどうかも変わってくるかと思います。
その点はしっかりと見極めて下さい。

ベンチャー・スタートアップに転職を考える上で一番大事な事

今までツラツラと注意点を書いてきましたが、個人的には、転職を考える上で一番大事にしてほしいことは「ベンチャー・スタートアップの理念や実現したい世界観に、心の底から共感できるのか?」ということを一番大事にして欲しいです。

ベンチャーやスタートアップで働くという事は、ビジネスの仕組みが完成していない、社内の働く環境が十分じゃない中で働く事が多いです。
今まで大企業で働いていた人であれば、困惑すること、ぶつかる課題も全然違ってきます。そして当然ハードワークを求められます。

そういったことも理解した上で「それでも ベンチャーやスタートアップで働きたい、チャレンジしたい」という気持ちが強く無ければ、 ベンチャー企業やスタートアップには転職すべきではないかと思います。

辛いことや、課題にぶつかって大変だけど「こういうことを実現したい、世の中がもっと便利になったら良いよね、社会を変えたい」など、その「ベンチャーやスタートアップで働く意義」を自分なりにみつけて、転職を実現して頂きたいです。

転職エージェントを利用して転職する時の参考記事

転職のプロがお薦めする転職エージェントの選び方で大事な3点

知ってて損なし!転職エージェントを味方にする大事な事

転職したい企業は決まっているけど転職エージェントを使うべきか?

転職相談ならまずは大手の転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに試しに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに試しに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は100万回以上、チャンネル登録者さんは6,000名を超えました!