転職活動の求人票に書いてある歓迎経験はどの程度必要なのか?

こんにちは、イッシーです。先日YouTubeLiveで視聴者さんから転職活動をしていて、求人票に良く書いてある「歓迎経験を満たしていないと転職は成功しないのでしょうか?」とご質問を頂きましたので、今回は中途採用時に求人票に書かれている「歓迎経験」について話したいと思います。

求人票の歓迎経験はどこまで必要なのか?

まず歓迎経験なので、必ずしも必要ではありません。企業側もあったら良いなと思う経験なので、「採用しやい」「評価しやすい」というレベルになります。もちろん歓迎経験を満たしていると、面接でもその点をアピールすれば採用されやすいのですが、必ずしも条件を満たしていないので、「内定は獲得できないかな」と諦める必要は無いかと思います。

重要なのは、条件は満たしていないけれども、「今までの経験を活かして御社に貢献できる」「結果を出すことができる」ということを、ご自身の過去のエピソードを交えながら、説明して頂くことが大事だと思います。

以前僕が転職のサポートを担当した方で、その企業の最低限の採用条件は満たしているレベルの方でも、希望の企業に転職されている方はいらっしゃいます。

また人手不足の時代なので、企業側も採用が難しいということは分かっていますので、求める人物像にドンピシャの人を採用できるとは、そこまで考えていないと思います。
入社後求める人物像に「経験を積んで成長する」「成長できる」ということを積極的にアピールして頂ければと思います。

転職活動初心者の方向けの参考記事

YouTubeで好評!転職活動で一番重要な「転職の軸」の作り方

転職活動はどれくらい時間がかかるの?すぐに転職できるのか?

【完全版】転職活動の内容と目安のスケジュールは?

転職相談ならまずは大手の転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに試しに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに試しに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は100万回以上、チャンネル登録者さんは6,000名を超えました!