ベンチャー・スタートアップに高年収で転職する人が増えている理由は?

こんにちは、イッシーです。

2019年3月20日の日本経済新聞電子版で、「スタートアップ転職、年収720万円超上場企業越え」という記事が掲載されていました。
リンク:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4268803020032019MM8000/

この記事では「外資を除く創業10年未満の企業に転職した人の平均年収は2019年1~2月に720万円超と、上場企業の平均より100万円多い」とのこと。

ベンチャー・スタートアップ企業に転職して高年収を稼ぐ人が増えているかと言うと、そもそもベンチャーやスタートアップは沢山の人材を抱えるほど資金に余裕が無く、少数精鋭で事業を展開することが基本です。(事業が軌道に乗ってきて組織を拡大するステージに突入すると、年収はだんだん落ち着いてくるかと思います)

そうなると、実績がある人、専門知識がある人など、一般的に高年収を得ている人を採用します。

そういった方々を採用しようとなると、ベンチャー・スタートアップ企業であったとしても、前職と同程度、あるいはそれ以上の年収を提示しないと、実際には転職して来てくれないのが現実なのかと思います。

また昨今ベンチャー・スタートアップ企業の資金調達環境が良くなっているので、比較的高年収でオファーを出しやすいという点もあります。

だからこの記事の通り、ベンチャー・スタートアップ企業に転職した方の年収が、高くなってきている傾向になっているのかと思います。

転職相談ならまずは大手の転職エージェントがお薦め

イッシー
転職始めたばかりならとりあえず下の転職エージェントさんに登録すべきです。様々な業界・職種の求人をご提案頂けると思います

⇒リクルートエージェントに試しに登録してみる

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントに試しに登録してみる 

まずは見て欲しい記事

転職活動の一連の流れに沿って注意点やノウハウをまとめました

ABOUTこの記事をかいた人

イッシー

ビジネス系ユーチューバーのイッシーです。 本業は経営コンサル、WEB・動画マーケティング、キャリアコンサルなど複業家として様々な仕事を敢えて意図的にしています。 転職エージェントとしてYouTubeに動画を投稿しており、累計再生数は100万回以上、チャンネル登録者さんは6,000名を超えました!